まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第390号(190209)
2019/02/09
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・390(不定期発行)
                   2019年02月09日号

************************************************************

         今号のことば    

         1 闇・やみ 03
2 やみ+なまし 他 01
        
************************************************************

       ◆ 闇・やみ 03 ◆

【闇・やみ】

暗闇。暗いこと。光のない時間や空間のこと。光の対義語。
理性を失い、思慮分別が無くなった心理状態をも言います。
仏教的には死後の世界の、死者が迷いながら辿るとする道を闇路
とも言います。
10番歌以後は贈答歌です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       此歌もそへられたりける

13 惜しからぬ身を捨てやらでふる程に長き闇にや又迷ひなむ
          (作者不詳歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・
                  新潮738番・西行物語)

14 世を捨てぬ心のうちに闇こめて迷はむことは君ひとりかは
  (西行歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・新潮739番・西行物語)

○此歌もそへられ

13番、14番歌の前に下の歌があります。作者が誰ともわからない
「立ちよりて…」歌に13番歌が添えられていたと解釈できます。

  立ちよりて柴の烟のあはれさをいかが思ひし冬の山里
 (作者不詳)(岩波文庫山家集176P秋歌・新潮736番・西行物語)

  山里に心はふかくすみながら柴の烟の立ち帰りにし
       (西行歌)(岩波文庫山家集176P雑歌・新潮737番)

作者不詳歌は「兵衛の局」説がありますが確定していません。

○身を捨てやらで

俗世を離れて出家すること。「やらで」が反語になり、出家して
いないことを言います。出家に対しての明白な希求も、世俗に対し
ての執着心も、ともに感じさせない歌です。
西行と親しい人との贈答歌ですが、作者は誰なのか不明です。
兵衛の局の可能性が強いと思います。

○ふる程

時間が立つほど。時が移り過ぎていくほど…。

○長き闇

無明長夜のこと。煩悩の迷いの渦中にあって、仏教的に言う真理を
知ろうとしない生活のこと。俗世を「憂き世」というように、出家
することによって迷いから解脱するという仏教者の優越感を感じ
させる言葉のようにも思います。当時にあっては、それが自然な
思いだったのでしょう。

○心のうちに闇こめて

心の中に晴れない闇が巣食っている状態を言います。

○迷はむこと

迷うことです。逆説的に言えば、人は誰もが出家しなければ迷いの
ない世界には入れないということ。仏道が必須であることを言って
います。

(13番歌の解釈)

「惜しくもない身を捨てて出家することもせず、この世を経る
間に、またしても無明長夜の闇に迷うことでありましょう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(14番歌の解釈)

「世を捨て出家することのできない心の中に、煩悩の闇が立ちこめて
迷うのは、あなた一人だけでしょうか。誰しもがそうなのです。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       したしき人々あまたありければ、同じ心に誰も
       御覽ぜよと遣したりける返りごとに、又

15 なべてみな晴せぬ闇の悲しさを君しるべせよ光見ゆやと
     (作者不詳歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・新潮740番)

15番歌の返しとして下の歌があります。「闇」の言葉が入っていない
ので詳述は控えます。15番歌作者も誰か不明です。

00 思ふともいかにしてかはしるべせむ教ふる道に入らばこそあらめ
      (西行歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・新潮741番)

○したしき人々あまた

誰にとって「親しき人々」なのか不明です。兵衛の局と同じに待賢
門院の女房達という解釈もできます。

○同じ心に誰も御覧ぜよ

わかりにくい表現であり、意味は断定できません。「誰も同じ心」に
なって迷いの世界にいる、ということかもしれません。

○なべて

「並べて」と書き、すべて、一帯に、全般に、一般的、普通のこと、
一緒であること、という意味を持つ副詞です。

「おしなべて」も副詞で、意味は「なべて」とほぼ同義です。全体に
同じ傾向である、全般的にどこも一様である、全て一緒である…と
いうこと。    

(なべてなき)は(なべて)の逆となり、普通ではない、並ではない。
他にはないという意味になります。 
   
○晴せぬ闇

死出の山の闇路を行く時の歌ではありません。生者における日常的に
持つ煩悩、強い悩みの多さなどで平安とは言い難い気持ちを「晴せぬ闇」
としています。
俗世に生きる者が共通して持つであろう「闇」ということです。

○君しるべせよ

闇から抜け出るための道案内をあなたがして下さい、ということ。
「君」とは西行を指しているものでしょう。
出家のために導いて下さい、と解釈できます。

○光見ゆやと

悟りの光が見えるように…

○教ふる道

15番歌の「君しるべせよ」を受けた言葉。行く道を教えるということ。

○入らばこそあらめ

入っていれば良いけど、そうではないということ。信仰していても
信仰心の度合いによっては迷いからは脱しきることはできないと、
暗示的に伝えてもいます。

(15番歌の解釈)

「おしなべて誰も皆晴れることのない煩悩にとらわれている悲しさを、
悟人の光が見えるかと、どうかあなたよ、しるべをして下さい。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(00番歌の解釈)

「一切の迷いを離れ、悟りの境地にいる自分であればともかく、
あなた方の願いに応えてしるべしょうと思っても、どうして
できましょうか。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

「なべてみな」歌について

15番歌は誰が詠んだものなのか不明のままです。作者は兵衛の局の
可能性が強いと思います。
新潮日本古典集成山家集も渡部保氏の山家集全注解も西行詠のように
解釈されていますが、和歌文学大系21では明確に「西行への贈歌」と
しています。
伊藤嘉夫氏校注の山家集でも「ある人のよこした歌」としています。
詞書からみても、ある人から西行に贈られた歌と解釈する方が自然
であろうと考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       後の世のこと無下に思はずしもなしと見えける
       人のもとへ、いひつかはしける

16 世の中に心あり明の人はみなかくて闇にはまよはぬものを
  (西行歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・新潮742番・西行上人集)

17 世をそむく心ばかりは有明のつきせぬ闇は君にはるけむ
       (詠み人不明歌)(岩波文庫山家集177P雑歌・
                 新潮743番・西行上人集)

○無下に思はずしもなし

完全に無視しているわけではなくて、来世のことを少しは気に留めて
いるということ。

○心あり明

俗性を離れて信仰する「心がある」ということと「有明の月」を
掛け合わせています。

○つきせぬ闇

尽きることのない煩悩。迷いの日常を言います。

○君にはるけむ

あなたの教えによって闇の世界から出たい、という願望。

(16番歌の解釈)

「仏道に身を寄せる世の中の人は皆、後世往生を願い、この世の
煩悩に迷わないものですのに。」
             (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(17番歌の解釈)

「世を背き出家する心だけはありますので、有明の月が底知れない
闇を照らすように、心の闇をあなたによって晴らしたいものです。」
             (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

17番歌は西行詠の16番歌に対しての返歌としてのものです。詠んだ
人の名前は不明ですが、相当の素養のある人だろうということが歌
からも分かります。歌番号736番歌から続く贈答の歌と解釈するしか
なく、相手は西行と特に親しい歌人であったことは確かでしょう。
 
************************************************************ 

       ◆ やみ+なまし 他 01 ◆

【やみ+なまし】

(やみ)と(なまし)が接続したことば。(やみ)は(止み)、
(なまし)は完了の助動詞(ぬ)の未然形(な)と、推量の助動詞
(まし)が結合したことば。未来への確定的な予想なり意志なりを
表わしています。
01番歌の場合は、知らないままに一生が終わるということ。人生が
終わってしまうということ。

【やみ+ぬる】【やみ+ぬ】

(止む・とまる)+完了の助動詞(ぬる)が付く言葉。03番歌、
04番歌の(やみぬる)は人生の終わりをも意味しているようです。
(ぬる)は完了の助動詞(ぬる)の連体形ですが、(やみ+ぬ)の
(ぬ)は終止形、下の(ね)は命令形です。

【やみ+ね】

先述の「やみぬる・やみね」に似ていて、ほぼ同義です。終止、消滅、
完了を強く願う言葉です。

【やみなば】

「やみなば」は04番歌一首しかありません。強風が収まることと、
風邪が治ることを掛け合わせていると解釈できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       五
続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ