まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第377号(180810)
2018/08/10
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・377(不定期発行)
                   2018年08月10日号

************************************************************

         今号のことば    

         1 むつれ・むつる 02 
         2 むね
         3 村立・むらだち
         4 むら鳥 01
         
************************************************************ 

       ◆ むつれ・むつる 02 ◆

【むつれ・むつる】

親しみ、なつくこと。対象に、まつわりつくような行為や気持の事。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 雪とぢし谷の古巣を思ひ出でて花にむつるる鶯の聲
           (岩波文庫山家集30P春歌・新潮61番)

○谷の古巣を思ひ出でて

鴬が過去の出来事を思い出すなどということは作者の思い込みや願望
であり、普通はこんな表現はしないものと思います。
あえて表現する所に作者の意図が隠されているのでしょう。

「古巣」は古い巣を言う名詞。古い住処。元いた所。住み慣れていた
場所などの意味があります。
不思議なことに「古巣」の名詞が使われている歌は、全て鴬の巣に
限られています。
西行歌では鳥類はホトトギス歌が最も多く80首余り。ウグイス歌は
30首余りです。歌数からみてもホトトギスの巣の歌もあって良さ
そうなものです。それが、一首も無いということは、ウグイスの巣に
托卵するということ以外に、何か理由がありそうな気もします。
尚、西行時代当時もホトトギスの托卵は知られていました。

 鶯の古巣よりたつほととぎす藍よりもこきこゑのいろかな 
     (岩波文庫山家集237P聞書集78番・西行上人集・
                御裳濯河歌合・夫木抄)

○鶯・うぐひす

ヒタキ科の小鳥。スズメよりやや小さく、翼長16センチメートル。
雌雄同色。山地の疎林を好み、冬は低地に下りる。昆虫や果実を
食べる。東アジアにのみ分布し日本全土で繁殖。
春鳥、春告鳥、歌詠鳥、匂鳥、人来鳥、百千鳥、花見鳥、黄鳥
など異名が多い。
              (講談社 日本語大辞典から抜粋)

鴬歌の多くが写実的な歌ではなくて、作者の思いを託しての擬人化
された詠み方をしています。まるで人に対しての友情であり恋情で
ありすると思わせるような歌であるとも言えます。それは、鴬という
実在する小鳥の態様を表現しながら、その中に自身の心情を吐露する
ということにもなっているはずです。

(04番歌の解釈)

「雪に閉じこめられた谷の古巣を思い出して、花に戯れる
鴬の声がする。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ むね ◆

【むね】

(むね)は「主・宗」の意味を持っています。大切なこと、核心で
あることなどを指す言葉です。本体とか中心を表します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     いらごへ渡りたりけるに、ゐがひと申すはまぐりに、
     あこやのむねと侍るなり、それをとりたるからを、
     高く積みおきたりけるを見て

01 あこやとるゐがひのからを積み置きて宝の跡を見するなりけり
          (岩波文庫山家集127P羇旅歌・新潮1387番)

○いらご

愛知県渥美半島の突端にある岬の名称。伊良湖岬のことです。
伊勢湾を隔てて対岸の三重県鳥羽市とは海上約20キロメートルほどの
距離があります。渡りをする鳥の中継地・集合地として有名。

○ゐがひと申すはまぐり

胎貝。イガイ科の二枚貝。
(い貝)と(はまぐり)は別種の貝ですが、西行は(い貝)も
(はまぐり)と同種のものと認識していたものでしょう。

○はまぐり

二枚貝の一種。主に浅海の砂地の中で生息。食用として有名な貝です。
「浜の栗」の意があるそうです。殻は碁石などにも加工されました。

尚、山家集に出てくる貝類は「桜貝・雀貝・イガイ・阿古屋貝・
牡蠣」などの二枚貝、「袖貝・雀貝・サダエ・アワビ・シタダミ・
小ニシ・ツミ」などの巻貝があります。

○あこやのむね

阿古屋の宗。阿古屋とはウグイスガイ科の二枚貝のアコヤガイの
ことで、真珠の母貝となります。
宗とは主の意味で、本体とか中心を表します。したがって「あこ
やのむね」とは、真珠そのものを指します。
真珠は主として阿古屋貝から採れるという意味も含みます。

○あこやとる

真珠を貝から取り出すことです。
真珠のことを古くは「阿古屋玉」とか「白玉」と言っていたそう
です。万葉集にも「白玉」の歌は多くあります。
古事記編纂者の太安万侶の墓から真珠4個が発見されましたが、
鑑定の結果、鳥羽産の阿古屋真珠とのことでした。
聖武天皇の愛用品にもたくさんの真珠が用いられていて、古代
から真珠は「宝」として珍重されていたことがわかります。
西行歌にも「白玉」歌は三首ありますが、露とか涙にかかる言葉と
して用いられていて、真珠を表す「白玉」歌はありません。

(01番歌の解釈)

「伊良湖に渡った時に(い貝)というはまぐりにあこやが主と
してあるのである。その真珠をとった後の貝殻を高く積んで
おいてあるのを見て」
「真珠をとるい貝の、真珠をとったあとの貝殻を高く積んで
おいて、宝のあとを見せるのであったよ。」
        (渡部保氏著「西行山家集全注解」から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 家の風むねと吹くべきこのもとは今ちりなむと思ふ言の葉
      (西行歌)(岩波文庫山家集179P雑歌・新潮932番)

 この西行歌は下の想空法師歌の「返し」としてのものです。

     寂超ためただが歌に我が歌かき具し、又おとうとの
     寂然が歌などとり具して新院へ参らせけるを、人とり
     伝へ参らせけると聞きて、兄に侍りける想空がもとより

02-1 家の風つたふばかりはなけれどもなどか散らさぬなげの言の葉
     (想空法師歌)(岩波文庫山家集179P雑歌・新潮931番)

○家の風

歌に対して、ことに熱心であった為忠及び常盤の家の家風のこと。

○むねと吹く

(むね)は「主・宗」の意味を持っています。大切なこと、核心で
あることなどを指しますから、想空が長兄であることに敬意を
表している言葉だと解釈できます。
同時に歌の道で途絶えずに活躍する家であるという意味も持ちます。

○このもと

常盤木の下の意味。常盤の家の家風やその継承を込めています。

○今ちりなむ

為忠の家の歌が、散って世間・社会に広がっていくこと。

○寂超ためただ

現在表記では(寂超、ためただ)と(、)が必用です。(寂超)は
常盤三寂の一人で(ためただ)の子です。

○我が歌かき具

「我が」は誰を指しているのか解釈に迷うところです。私もこれ
までは以下のように解釈していました。

『寂超が為忠の歌に寂超自身の歌を書き添えて…ということ。
「我が」とは想空のことではなくて寂超を指します。
この詞書を見る限りでは寂超は想空の歌を評価していなかったとも
受け止められます。』

窪田氏は「我が」を(想空)と解釈し、新潮版では(寂超)と解釈して
います。どちらとも断定できかねますので両論併記とします。
和歌文学大系21の解説では、どちらとも触れていません。
現在の私は「想空」と解釈して良い文脈ではないかと思っています。

「為忠の歌を崇徳院に進覧するに際し、寂超が自身の歌および弟
寂然の歌を書き添えながら、自分「想空」の歌を記さなかった
ことへの不満を西行に訴えた歌。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

「歌に熱心な寂超は、兄弟の想空や寂然の詠草まで添えて提出した
こを知らせるのである。」
          (窪田章一郎氏「西行の研究」162ページ)

○新院

崇徳院を指します。

○なげの言の葉

取り立てて言うほどの立派な歌ではないのですが……という
謙遜の言葉。

(02番歌の解釈)

「代々和歌を第一として伝えてこられた常盤の家ですから、
あなたの歌もすぐに世に広まることでありましょう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(02-1番歌の解釈)

「自分の歌は代々わが家に伝えてきた歌風を伝えるほどのもの
ではないけれど、なおざりの歌とはいえどうして一緒に広めて
くれないのでしょうか。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(寂超長門入道)

生没年未詳。藤原為忠の三男とも言われ大原三寂「常盤三寂」の
一人です。西行ととても親しかった寂然の兄です。
俗称は為隆(為経とも)とも言われます。西行より3年遅れて
1143年の出家。子の隆信は1142年生まれですから、生まれた
ばかりの隆信を置いて出家したことになります。
女房の「加賀」は後に俊成と結婚して定家を産んでいますから、
隆信は定家の同腹の兄になります。

(寂然)

常盤三寂(大原三寂)の一人で俗名は藤原頼業のこと。西行とは
もっとも親しい歌人であり、贈答歌も多くあります。

(想空法師)

この人物については判然としません。藤原為盛説と藤原為業(寂念)
説があり、窪田章一郎氏は「西行の研究」298ページで「想空は寂念
とは別人であり、長兄の為盛ではないかと考えられる。」として
続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ