まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第385号(181201)
2018/12/01
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・385(不定期発行)
                   2018年12月01日号

************************************************************

         今号のことば    

         1 山田の原
2 山だち・山賊
         3 山深み 01

************************************************************ 

       ◆ 山田の原 ◆

【山田の原】

伊勢の国の歌枕の一つです。
伊勢神宮外宮のある一帯の地名。外宮の神域。古代から山田の町の
人たちと外宮は密接に結びついてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 聞かずともここをせにせむほととぎす山田の原の杉のむら立
    (岩波文庫山家集46P夏歌、263P残集06番・西行上人集・
        御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・西行物語)

○聞かずとも

普通は何もない場所で、ここではホトトギスの声を聞かない場所で
ホトトキス歌を詠むという事はないのでは?とも思います。
ホトトギスの鳴き声を聞いてから、歌を詠む感興が起きるものなの
でしょう。とすれば「聞かずとも」のフレーズは、言葉通りの意味
意外に、伊勢神宮の神威性を込めている言葉のようにも受け取れます。
「山田の原」という固有名詞があることによって、詠み手の西行
自身が伊勢神宮外宮の神格や神威性を深く感じていたとも解釈する
ことができます。

○せにせむ

「瀬にせむ」と書き「瀬」は、拠って立つ場所を表します。
「立つ瀬がない」という場合の「瀬」と同義です。
「せむ」の(せ)はサ行変格活用「す」の未然形、(む)は助動詞
(む)の終止形。「せむ」で(しよう・したい)という希望なり意志
なりを表します。
「せにせむ」で(場所としよう)(ここにしたい)という意味になります。
 
○杉のむら立

杉の木が林立している状態のこと。

(01番歌の解釈)

「たとえ鳴く声をきかなくても、ここを時鳥を待つ場所にしよう。
山田の原の杉の群立っているこの場所を。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 よろづ代を山田の原のあや杉に風しきたててこゑよばふなり
       (岩波文庫山家集279P補遺・宮河歌合・夫木抄)

○よろず世

万世のこと。いつの時代、いつの世であっても……。限りなく
長く続く時代のこと。永遠性を言います。

○あや杉

植物の杉の一種。綾杉。神事にも用いられていたようです。
広辞苑では「ヒムロ」の異称とあり、「ひむろ=姫榁」は、
「ヒノキ科の小喬木。高さ3〜4メートル。サワラの園芸変種で、
枝は繁く葉は線形で軟かい。庭木として用いる」と記述されて
います。
九州などで植栽されているアヤスギは高木で建築材として用いら
れていますので「アヤスギ」と「綾杉」は別種だろうと思います。
(西行山家集全注解)では「イワネスギ」のこととあります。

小学館発行の「日本国語大辞典」では、葉がよじれて綾になって
いるところから綾杉と名付けられたとあります。
西行歌の「あや杉」も、どちらの「アヤスギ」か断定はできない
ものでしょう。西行歌は植物学上の固有名詞ではなくて、宗教上の
意味を付託された特別な杉という意味ではないかと愚考します。

楽器の三味線の胴の内側に彫刻された紋様も「綾杉」といいます。
九州福岡市香椎宮のご神木の「あや杉」は、とても立派な高木でした。

○しきたてて

強風がしきりに吹き立っていること。

【しきまく】

(敷き渡す)などの(敷き)とは違って、この場合は(頻り)の
(しき)です。(しきまし)(しきまき)などの用例があります
から、(しきりにまくれ上がる)という解釈で良いと思います。

【しきりたす】

「しきり」は「頻り」のこと。繰り返して、うち続いて、盛んに、
などの意味があります。しきりに出るようになったということ。

○こゑよばふ

声に出して呼んでいるということ。呼んでいるのは外宮の豊受大神
とも解釈できます。大神が風を用いて意志を伝達しているように、
風を声として西行は感じたということ。

◎この歌は伊勢神宮外宮に奉納された「宮河歌合」の一番初めに
下の歌と番えられています。

 ながれいでて御跡たれますみづ垣は宮川よりのわたらひのしめ
      (岩波文庫山家集279P補遺・宮河歌合・夫木抄)

そして宮河歌合の判をした藤原定家は、「義隔凡俗、興入幽玄」と
書き出し「依先為持」と終えています。一般の世俗的な部分から
離れて、幽玄の境地に達している歌であり、浅才である自身の短慮
では優劣がつけられず「持」とすると書き残しています。「持」
とは引き分けのことです。

注 「依先為持」の「依」の旧漢字が出てこないため、仕方なく
「依」の文字を使用しました。

(02番歌の解釈)

「よろず代を思わせて山田の原(外宮に近い地)にあるあや杉
(杉の一種イワネスギ)の梢に風がしきりに吹きたてて(外宮
近くの老杉、風が常にひびきを立て、万代までつづくことを思
わせていること)大声を出して、よびつづけているのである。」
        (渡部保氏著「西行山家集全注解」から抜粋)

「外宮の鎮座する山田の原のあや杉に風がしきりに吹き立ち、
神威は永遠であると称える声がする。」
            (岩波文庫「西行全歌集」から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 山だち ◆

【山だち】

山賊(やまだち・さんぞく)のこと。山を根拠地として悪事を働く
人たちのことです。
彼らは集団で強盗、追剥、殺人などをしていました。鈴鹿峠の山賊
などは特に有名でした。

似たような言葉に「山賎「やまがつ)」がありますが、山賎は山辺に
住んで、きこりなどを生業とする人たちのことを言います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      武者のかぎり群れて死出の山こゆらむ。山だちと
      申すおそれはあらじかしと、この世ならば頼もしく
      もや。宇治のいくさかとよ、馬いかだとかやにて
      わたりたりけりと聞こえしこと思ひいでられて

01 しづむなる死出の山がはみなぎりて馬筏もやかなはざるらむ
            (岩波文庫山家集255P聞書集226番)

○死出の山

死者がたどるという険しい山。冥途の山のこと

○宇治のいくさ

宇治川合戦は三度記録されています。

1 以仁王・源頼政軍と平氏との戦い。(1180年5月)
2 源義仲軍と源義経軍との戦い。(1184年1月)
3 北条泰時の幕府軍と後鳥羽院の朝廷軍との戦。(1221年6月)

この詞書にあるのは1180年5月の戦いで、この時に以仁王も源頼政
も敗死しています。
1190年死亡の西行は源平争乱における二度の宇治川合戦を知って
いるということになります。

○山がは

死者が渡る河で、三途の川とも言います。河を渡るためには六文の
お金が必要だと言われます。

○馬いかだ

馬を並べ組んで筏のようにして、川を渡るという方法。

(詞書の解釈)

「武者が戦いのためにたくさん命を落としていきます。あの世では
山賊には合わないだろうし、それがこの世なら頼もしいのですが…。
宇治に戦があって、馬を筏のように組んで、宇治川の流れを渡ったと
いうことを聞き及んだのですが、そのことを思い出して……」
                      (私の解釈)

(01番歌の解釈)

「罪人が沈むという死出の山川は、沈む人が多いので水流が満ち
あふれて、馬筏でも渡ることができないだろうよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 ふりず名を鈴鹿になるる山賊は聞えたかきもとりどころかな
            (岩波文庫山家集250P聞書集197番)

○ふりず名

古りず名か?。「名」では文法として誤りという指摘が和歌文学
大系21にあります。
名声とか評判が衰えることなく今も有名である・・・という
ほどの意味。「鈴鹿」の「鈴」の掛詞として使われています。

○鈴鹿

滋賀県と三重県の県境となっている鈴鹿山脈にある峠。山脈の最高
峰は御池岳(1241メートル)ですが、鈴鹿峠の標高は357メートル。
高くはないのですが、平安時代の街道のルートの一部は前を歩く
人の足を後ろの人は目の高さに見ると伝えられているほどに急峻
でもあり、また桟(かけはし)もあって、東海道の難所の一つでした。

この鈴鹿峠は古代から東海道の要衝でした。ただし鎌倉時代から
戦国時代は東山道の美濃路が東海道でした。江戸時代になって、
鈴鹿越えのルートが再び東海道のルートに組み込まれました。
東海道と関係なく、伊勢と京都をつなぐ交通路ですから、重要な
道であることに変わりはありませんでした。

○山賊

読みは「やまだち」。山を本拠として、街道を通行する人々に危害を
及ぼす悪党達のこと。鈴鹿峠の山賊は大和の奈良坂などとともに有名。

記録を見ると鈴鹿峠には古くから山賊による被害があって、906年にも
「鈴鹿山の群盗16人を捕える」と年表にあります。頻繁に往来して
いた水銀商人などはもちろんのこと、伊勢神宮に向かう勅使さえもが
襲われています。
鎌倉時代北条氏の治世になっても、鈴鹿山の山賊は盛んに活動
続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ