まぐまぐ!
バックナンバー

開運への招待状

件名: 【開運への招待状】Vol.646 トラウマを消す。
2018/06/20

----------------------------------------------------------------------

(初めて購読される方へ)
このメールマガジンは、あなたに「ツキ・幸運」が訪れ、あなたの人生が心身
ともに健康で、より豊かに楽しく、幸せなものになるためのノウハウや、生き
方のヒントを毎週お届けします。

■バックナンバー(PC用)はこちらです。
http://archive.mag2.com/0000168986/index.html
■バックナンバー(携帯・スマホ用)はこちら。
http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0000168986
■携帯・スマホ用のメルマガ登録はこちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/0000168986.html


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


★★ 開運への招待状 (Vol.646)★★       2018年6月20日


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


みなさん、こんにちは。「開運・幸福研究所」の古川です。

昨日はどんな一日でしたか? 今日はいかがですか?

今日のあなたは昨日のあなたではありません。そして、明日のあなたは今日の
あなたよりも、さらに元気になり、成長し、強くなり、輝きます!

このメルマガは、誰もが持っている「波動」のパワーと、幸運を呼び込むノウ
ハウの実践によって、あなたの開運と幸福な人生のお手伝いをします。

今、このメルマガから、あなたに「愛」と「感謝」の波動を送ります。

----------------------------------------------------------------------

【読者限定】(特典付)開運・波動グッズの総合案内ページ
http://kaiun-kofuku.com/kaiun/genteigoods.html
■携帯・スマホの方はこちら。http://mobile2.kaiun-kofuku.com/

----------------------------------------------------------------------

★すぐに使える新月パワー(全ボイド時間付)『新月 願い事カレンダー』
http://newmoon.kaiun-kofuku.com/

★邪気払いに、願望実現に、あなたを守る天然石【ムーン・パワーストーン】
http://moonpower.kaiun-kofuku.com/

●お願い事は『開運祈願の部屋』でお祈りしましょう。(ホームページ右下)
http://kaiun-kofuku.com

----------------------------------------------------------------------

(目次)
1. 生と死とスピリチュアル(8)
2. 今日の「幸運・幸福」を呼び込む方法
3. おすすめコーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 生と死とスピリチュアル(8)
───────────────────────────────────

いつも年末になると、京都の清水寺で当年の世相を表す「今年の漢字」一文字
が発表されますが、私たちの人生は、一文字で表すと何でしょうか?

お釈迦様は、人生を「苦」と観ました。

仏教では、「四苦八苦」という言葉があります。
「生」「老」「病」「死」の四苦と、「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」
「五蘊盛苦」の四苦を合わせたものが八苦です。

「生」はこの世に生まれたことから経験するさまざまな苦しみ。
「老」は心身が老いていく苦しみ。
「病」は病気になる苦しみ。
「死」は死ぬことへの恐怖や人生の虚しさといった苦しみです。

「愛別離苦」は愛する人と別れなければならない苦しみ。
「怨憎会苦」は嫌いな人と出会ってしまう苦しみ。
「求不得苦」は自分が求めるものが得られない苦しみ。
「五蘊盛苦」は五蘊(肉体や精神の5つのはたらき)が人間にあることによって
もたらされる苦しみを云います。

私たちは、それぞれの人生でさまざまな辛い経験をします。
現実に、この四苦八苦が原因で自殺する人は数多いでしょう。

しかし、お釈迦様は「人生は苦に満ちているから生きる意味はありませんよ」
と言っているわけではありません。

なぜ「苦」があるのでしょうか?
それは、人間の中に「執着」があるからです。
「自我」と言い換えてもいいかもしれません。

生きること、若いこと、元気なこと、大事な人や物、嫌なこと、さまざまな欲
望や感情といったことに「執着」するところに、私たちの「苦」の原因がある
のだと、お釈迦様は見抜いたのです。

そして、自分が見える世界のすべては移り変わっていくものであり、人生は自
分の思い通りにならないと悟ること、執着から離れることによって、幸せにな
れると説きました。

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教では、唯一の神を信じ、その教えに沿って
生きることが、人生の幸せとされています。

しかし、実際の私たちの世界では、こうした宗教が多くの人々の生活の中に根
付いているはずなのに、紛争や犯罪、差別、貧困といった苦はなくならず、幸
せを感じられない人たちがどれほど数多くいるでしょうか?
(次号に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 今日の「幸運・幸福」を呼び込む方法
───────────────────────────────────

■トラウマを消す。

斎藤一人さんが、以前に「過去は変えられる」ということを言っていました。

過去は実際に起きてしまった「事実」だから、変えることはできないと考える
のが普通ですが、一人さんは「過去の出来事は、自分の意識の中に『記憶』と
して残っているだけで、それはもう現実ではない」と述べています。

私たちは、過去に自分が犯した過ちや、恥をかいたことなどがトラウマになっ
ていて、潜在意識は何かの機会にその記憶を浮かび上がらせて、不安になった
り行動が消極的になったりすることがあります。

しかし、それはもう現実ではないのです。
現実に存在するものは「今」だけ。

ですから、トラウマを消すには、過去を現実と誤解させないように、潜在意識
に残っている「過去の嫌な記憶」を消すか、書き換えてしまうことです。

まず、嫌な感情が湧き上がってきても気にせずに、当時の記憶に戻って、その
状況を思い出します。
そして、

「あのことが、今の自分につながっていたんだ」
「おかげで、自分が変わることができた」
「あれはあれで良い経験だった」
「もう今はそんなことはない」
「あの経験が自分を成長させてくれた。ありがとう」

といように、自分の潜在意識に言い聞かせたり、感謝しましょう。
自分に起きるすべての出来事には、意味があるのです。

もう1つは、嫌な記憶を自分の心の中に隠すのをやめて、他人に「笑い話」に
変えて話すという方法です。

「いやぁ、あの時は、若気の至りでアホなことをしたもんだ」
というように。

こうしたことをしていると、マイナスの記憶はしだいに消えていき、むしろ明
るい記憶に変わっていくでしょう。

それに、他人の記憶も時とともに忘れたり変わっていきますし、人は自分が気
にしているほど、自分のことを覚えていませんから。(笑)

現実に存在するのは今だけと言いましたが、まあ「存在する」と言っても、生
命の源で流転を繰り返す魂から見れば、この地球の現実世界はすべて「架空の
世界」ということになりますが…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. おすすめコーナー
───────────────────────────────────

今回はお休みです。

●スピリチュアル・開運の書籍のページ
http://kaiun-kofuku.com/book/book.html

キーワードごとに、書籍をご紹介しています。

・スピリチュアル
・波動
・ヒーリング
・開運
・金運
・占い
・パワーストーン
・パワースポット

───────────────────────────────────

■ご意見、ご感想をお寄せください。必ずお返事します。
■パワースポットなど、ツキ・幸運を招く情報もお待ちしています。
下の「ご意見・お問合せ」のURLをクリックし、フォームからご送信ください。
■相互リンク、相互紹介をご希望の方も、同じくフォームからお願いします。

---------------------------------------------------------------------
続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ