まぐまぐ!
バックナンバー

ほめるな危険!勇気づけの子育て法

件名: イラっとする相手は自分がより豊かになれるヒントをくれる(心の投影)
2017/09/11
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ほめるな危険!勇気づけの子育て法◆ 第130号
                2017 9/11
−−−−−−−−−http://ameblo.jp/haraaya0731

こんにちは。原田綾子です。

まだ暑い日が続きますが、風は秋を感じさせる

爽やかな印象がありますね^^



秋の講座もいろいろスタート!

先日は月1×半年間のグループコンサルでした。



グループコンサルは

勇気づけと潜在意識のお話を交えて

オープンカウンセリングのような形でやってます。



おしゃべりお茶会のようなラフなスタイルなのですが

学びは深いんです!!

今日は潜在意識のお話を。


-------------------------

今日のテーマ★
イラっとする相手は自分がより豊かになれるヒントをくれる(心の投影)

-------------------------


みんなでお話をしていると、

自分が気づいていない、または隠している

気づかないフリをしている無意識部分に

気づいちゃうわけなので

ハっとしたり、グっときたり、

えーーー!!と笑ってしまったり

たまに凹んだり(することもある?)けど

大丈夫大丈夫(*^o^*)



今ある問題(のように見えること)は

すべて自分が創り出しているわけなので

自分で無くすこともできるんです。




たとえば自分は仕事を頑張っている。



(頑張っているとは思っていない。

それが当たり前だと思っているから)



そうすると、職場に仕事を怠けている

どうしようもない人が現れたりする。



それが目の前の席の人で

その人はイライラ・・・



「なんでまじめにやらないの?」



「もっときちんと仕事しなさいよ!」




お話を詳しく伺うと

朝出勤してもなかなか仕事に取り掛からず

お茶をいつまでも飲んでお菓子食べて

おしゃべりしてアハハハーと笑って

しょっちゅう席を立って休憩室に行って

まじめに仕事していないそうなのです。




そんなとき、私がズバっと言うんです。

あ、笑顔で優しくズバっと

はっきり言う、という意味ね。

(怖くはないからね。笑)




「その前の席のだらだらしている人は

あなたの心を映し出しているのかも」



って。


人は鏡のように自分の本音を映し出してくれる。

心の奥にしまい込んだ、自分のホンネを。



だから、なかなか仕事に取り掛からない

まじめにきちんとやらない

その姿は、

本当は自分がそうしたいけど、してはいけない!と

禁止・抑圧している要素。



これがよいに違いない!

こうするべきだ!

こうあるべき!



というのが強すぎると

その真逆のことを見せてくれる人が現れるのです。





仕事をがんばりすぎていると

びっくりするほど

ちゃんと仕事しない人が現れる。笑



その人は、

大切なメッセージをくれているのです。



価値観のバランスが偏っていますよ〜〜

と。





そこで、その方は

がんばりすぎていた自分に気づき



・人の評価を気にしてばかりいたこと

・「べき」「ねば」にしばられて自分が苦しかったこと

・ちゃんと、きちんとしなければならないと緊張していたこと



を少しずつ緩め、

職場で今まで頼まれごとは全部引き受けていたけれど



・できないことはできないと言ってみる

・人がどう思うかではなく自分はどうしたいか

・ちゃんと、きちんとと焦った義務感ではなく

 目の前の仕事をたのしく丁寧に取り組む

・自分の心に余裕を持つ

・無理をしない



などなどできることからゆるめていったら

なんと!!



あれだけだらだらしていた前の席の同僚が

仕事をするようになっていったそうなのです。



このようなご相談ケースはたくさんあって

(個人を特定して書いているのではありません)



部下がどうしようもない

とか

同僚がだらしない

とか

「わが子」についても同じことが言えるんですね。





子どもがだらだらしている

ゴロゴロしていつまでもゲームしている

やる気が見られない



などなど



お母さんが


・きちんとしなければならない

・ちゃんとするべき

・やるべきことはさっさと済ませる

・何事もがんばって取り組むべき

・言いつけは守る

・子ども(自分)をしっかり育てなければならない



などと力んでいると

(当たり前になっているので力んでいることに
 気づかないこともあります)



だらしない子どもを見て

イライラするケースもあります。


〜まとめ〜

その価値観が行き過ぎていると

真逆のことをする人を引き寄せる(創り出す)





具体策は



価値観が偏りすぎていた自分を

いいとか悪いとか責めたりジャッジするのではなく

ありのままをただ見つめ(ここ大事)

イラっとする相手に

「教えてくれたんだな・・」

「自分が禁止抑圧してきた要素だったんだな」

「あ、そうだったんだ」
と思うだけでいい。


なにかを行き過ぎていた自分に気づき

少しじぶんが楽になれる方法を
ちょっと取り入れてみるだけで

相手が変わったり、
または相手が変わらなくても気にならなくなります^^




・・・というような心理投影などを学ぶのが

潜在意識を扱うSHINE講座。


今月末は広島でSHINE講座を開催しますが(満席)

11/25〜26の土日は

愛媛・松山でSHINEを開催します。

残席2です。

ピンと来た方は是非。



愛媛SHINE講座
(子どもの潜在能力を引き出す心理学講座)

日程:2017年11月25日(土),11月26日(日)


時間:1日目 10:00〜16:30  

   2日目 10:00〜16:00

場所:愛媛男女共同参画センター
〒791-8014 愛媛県松山市山越町450



対象:お子様のいらっしゃるお母様
(ELMまたはSMILEを受講済みの方)
(お子さまの年齢は何歳でも可)


詳細&お申し込み
https://ameblo.jp/haraaya0731/entry-12306713882.html



本日もメルマガをお読みくださりありがとうございました。

心地よく過ごせる1週間となりますように^^




〜近況&感謝のご報告〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★NPO法人勇気づけ学園(埼玉県川越市伊佐沼)

9月からは小学部、幼児部は平日に開校します。

幼児部開園日

https://yuukizukegakuen.com/youjibu/


小学部開校日

https://yuukizukegakuen.com/syougakubu/

ぜひ、いらしてください^^



★勇気づけ学園キャンプ、幼児部・小学部
埼玉・川越で初開催!ありがとうございました。

レポはこちら(3つレポのリンクが貼ってあります)

https://ameblo.jp/haraaya0731/entry-12305109382.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【原田綾子 著書】
・「アドラー式言葉かけ練習帳」(日本能率協会マネジメントセンター)
・「ほめるより子どもが伸びる勇気づけの子育て」(マイナビ)
http://heartysmile.jp/corporate/#prof


blog  http://ameblo.jp/haraaya0731/
e-mail  support@heartysmile.jp
FaceBook  http://www.facebook.com/ayako.harada.9

埼玉県富士見市ふじみ野西1-4-1 1F
(東武東上線「ふじみ野駅」前 池袋から25分)
HP:  http://yuukizuke-kokugojyuku.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆講座・講演・執筆・取材などのお問い合わせ
(お気軽にお問い合わせください)

続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ