まぐまぐ!
バックナンバー

毎日1分!実教見聞モバイル

件名: 毎日1分!実教見聞モバイル
2018/06/20
我慢しないダイエット【チラリッカ】
https://www.affil.jp/d/c.php?29uxzp31z4w0q&guid=on&via=2

---**----------**---

【毎日1分!実教見聞】
#4054_2018/06/20 Wednesday


おはようございます。
今日は、科学的に証明された幸せになる為の7つの方法について。

何日・何週間・何ヶ月・何年もの間、スランプが続いていると思った事はありませんか。
誰にでも、気分が落ち込む時はあります。

特に20代の若い頃には、よく見られる光景です。
生活の変化・長時間労働・睡眠不足・食欲減退・ストレス等、うまくいかないと感じる事は多いです。

病院に行く程ではないスランプに苛まれているのなら、ある特定の行動によりピンポイントで脳を刺激する事が重要です。
そうする事で、気分も変わっていきます。

覚えておきたい大切なポイントは、自分の人生を自らが積極的にコントロールする事ができる立場にあるという事です。
日々の生活の中で、より幸せになる為の前向きな変化を遂げられるのは誰でもなく自分自身です。

嘆いてばかりでは、何も変わりません。
自らが動かない限り、見えてくる景色は変わらないのです。
ここでは、科学的に証明された幸せになれる7つの方法をご紹介していきます。

1.笑顔
朝起きたら、まずは鏡に向かって笑ってみます。
日中にも、これを何度か繰り返してみます。
続けていくと、気分の変化に気づくと思います。
嘘でも笑顔になるように顔の筋肉を動かすと、気分が盛り上がるこれでもう事は科学的に証明されています。
笑うと同時に、幸せだと感じる脳の部位に影響を及ぼす生理的な反応が起こるのです。
ある種の顔の表情は、脳の特定の部分をピンポイントで刺激します。

2.天然の薬効成分入りサプリメント
東洋医学の優れたところは、体の特定の箇所をターゲットにするのではなく体全体を治療する事です。
ハーブ治療には体の機能を最善に導く作用があるので、自然に治癒する事ができます。
マカは体の調子がいまいちで、怠い時のストレスを解消するのに抜群の効果があります。
セント・ジョンズワートは、軽い鬱の抗鬱剤として知られています。

3.緑茶
緑茶を飲むと、落ち着いつリラックスできると言われています。
気分を改善する効果も知られています。
スウィンバーン大学の研究では、被験者に緑茶を飲んでもらいました。
気分に関係する脳の部位の活動を調べると、飲まなかった人に比べてとてもリラックスしていたのです。
更に注意力も増して、より気分が良くなる事が分かったそうです。

4.水分補給
脱水症状は、スポーツ選手を危険にする可能性があるだけではありません。
水分不足は、気分にも影響する事が分かっています。
水分を摂取した選手に比べて、摂らなかった選手は成績が悪いだけでなくより悲観的な気分になる事が分かったといいます。

5.運動と瞑想
運動選手はトレーニングをする事でエネルギー効率が増して、リラックスして気分が高揚するという素晴らしい効果に気づいています。
最近、運動と気分の相関関係について調べたところ、確かに関連性が認められたそうです。
体を動かす前と後で、高揚感に違いがある事が確認できたのです。
同様に、瞑想にも気分を変える効果があります。
瞑想をすると、不安を煽るコルチゾールの値が低くなるのです。

6.緑黄色野菜
ホウレンソウ等の、緑色野菜を食べるようにします。
フルーツや野菜を食べると気分が穏やかになり、力が出て幸せになれる事が最近の研究で証明されています。

7.物事を前向きに考える
ポジティブシンキング理論に賛否はありますが、自分の考えに意識を集中する事からは得られる知恵は多いです。
ヘンリー・フォードは、次のように言っています。
「"できる"と思うのも、"できない"と思うのも、どちらも正しい。あなたはどっちだろう?」
否定的な事やできない事に無駄なエネルギーを使っていると、何もできなくなります。
自分ができる事に集中すれば、新たな道が見つかります。



--------------------


◎このメルマガを購読するにはa0001675497@mobile.mag2.comに空メールをしてください

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ