まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第349号(170525)
2017/05/25
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・349(不定期発行)
                   2017年05月25日号

************************************************************

         今号のことば    

      1 まつり・祭り
       2 まつり・まつる・奉る(01)

************************************************************

       ◆ まつり・祭り ◆

【まつり・祭り】

祭礼のこと。原意的には神を祀る神事。
鎮魂や感謝や祈願などを表すために執り行われます。
例えば稲の順調な生育を祈る「田植祭」や、生きとし生けるものを
大切にする「放生会」、疫病退散などを祈る「御霊会」などがそうです。
それらが発展的に今日の祭礼の形になりました。

平安時代当時、男山・石清水八幡宮の「男山祭」、両加茂社の
「加茂祭=葵祭」、大和春日大社の「春日祭」が三大勅祭でした。
勅祭とは天皇の意を受けた勅使が参加する祭りを言います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     北まつりの頃、賀茂に参りたりけるに、折うれしくて
     待たるる程に、使まゐりたり。はし殿につきてへいふし
     をがまるるまではさることにて、舞人のけしきふるまひ、
     見し世のことともおぼえず、あづま遊にことうつ、
     陪従もなかりけり。さこそ末の世ならめ、神いかに
     見給ふらむと、恥しきここちしてよみ侍りける

01 神の代もかはりにけりと見ゆるかな其ことわざのあらずなるにて
         (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮1221番)

○北まつり

岩清水八幡宮の南祭に対して、賀茂社の祭りを北祭りといいます。
ともに朝廷が主催する官祭でした。
 
○使いまゐり

天皇の勅使が来着したこと。

○はし殿

賀茂両社に橋殿はあります。この詞書ではどちらの神社か特定
できません。
 
○へいふし

新潮版では「つい伏し」となっています。
膝をついて平伏している状態を指すようです。

○東遊び

神楽舞の演目の一つです。現在も各所で演じられています。
 
○ことうつ陪従

(陪従)は付き従う人と言う意味ですが。その陪従が神楽舞で
琴を打つということです。
しかしこの時には勅使に付き従ってくる琴の奏者である陪従も
いなかったということになります。

(01番歌の解釈)

「賀茂祭の頃に賀茂社に参詣したのですが、具合良く、少し待った
だけで朝廷からの奉幣の勅使が到着しました。勅使が橋殿に着いて
平伏して拝礼されるところまでは、昔ながらのしきたりのままでした。
ところが東遊びの神楽舞を舞っている舞人の舞い方は昔に見た
ものと同じ舞とは思えないほどにお粗末で、舞に合わせて琴を打つ
人さえいません。これはどうしたことでしょう。いくら末法の時代
とはいえ、この事実を神はどのように御覧になっていることだろう。
まったく、恥ずかしい気がします。」

「人の世のみならず、神の代もすっかり変わってしまったと見える
ことだ。琴の陪従もいなくなり、祭のことわざ、舞人の振舞も昔の
ようではなくなったことにつけても」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     加茂の臨時の祭かへり立の御神楽、土御門内裏にて
     侍りけるに、竹のつぼに雪のふりたりけるを見て

02 うらがへすをみの衣と見ゆるかな竹のうら葉にふれる白雪

○加茂の臨時の祭

陰暦11月の下の酉の日に行われる賀茂社の祭りです。
889年より始められて、899年には「賀茂社臨時祭永例たるべし」
と定められています。
応仁の乱により中絶、江戸時代に復興。明治3年廃絶しています。   

○かへり立

帰路につくこと。他には以下の意味があります。

「加茂社または男山の岩清水社や奈良の春日社などの臨時の祭りが
終了したあと、祭りの舞人や楽人などの祭りの関係者が宮中に
戻って、清涼殿の東庭に並んで神楽を演じ、宴を賜り、禄をいた
だくこと。還り遊び、還饗(かえりあるじ)ともいう。」
              (講談社「国語大辞典」から抜粋)

○土御門内裏

鳥羽・崇徳・近衛三天皇の里内裏のこと。場所は現在の烏丸通り
西、上長者町通り付近。1117年新造。1138年と1148年に火災に
遭っています。1153年頃、方忌みにより廃絶しました。
西行の歌は1148年までのものと解釈できます。おそらくは出家前
の歌でしょう。

○竹のつぼ

竹の植えられている中庭のこと。

○おみの衣

小忌の衣。神事用の衣服のこと。

(02番歌の解釈)

「前栽の竹の末葉に降った白雪は、舞人が着ている小忌衣を
ひるがえして舞っている、その袖のように見えるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    斎院おはしまさぬ頃にて、祭の帰さもなかりければ、
    紫野を通るとて

03 紫の色なきころの野辺なれやかたまほりにてかけぬ葵は
        (岩波文庫山家集223P神祇歌・新潮1220番・
                  西行上人集追而加書)

○斎院
 
伊勢神宮の斎宮と賀茂社の斎院を総称して斎王といいます。
斎宮及び斎院は斎王の居住する施設の名称ですが、同時に人物名と
して斎王のことも斎宮・斎院と呼びます。

「平安時代以降になると、斎王のことを斎宮というようにもなる。」
     (「」内は榎村寛之氏著「伊勢斎宮と斎王」から抜粋)

斎宮は伊勢の斎王のこと、斎院は賀茂社の斎王のこととして区別
されます。

○斎院おはしまさぬ頃

賀茂祭のときに斎王がいなかったのは、1171年から1178年まで、
次に1181年から1204年までということです。
1140年から1170年の間は斎院はいました。
したがって西行の年齢を考えると、この歌は1171年から1178年
までの間に詠まれた可能性が強いと思います。
1171年として西行54歳です。

○祭りの帰さもなかりければ

賀茂祭が終われば斎王は賀茂社に一泊し、翌日、紫野の斎院御所に
帰りますが、斎王がいないために、その行列がないことを表して
います。

○紫野

現在の北大路通り以北、大徳寺、今宮神社あたり一帯を指します。
今宮神社はかつては紫野社と言われていて、平安時代は紫野の
中心地は今宮神社あたりだったそうです。江戸時代は大徳寺あたり
が紫野の中心になっていたらしく、都名所図会には舟岡山は
「紫野の西にあり」と説明がなされています。ともあれ、大徳寺、
今宮神社あたりを指す古くからの地名です。
 
平安時代は紫野は禁野でした。朝廷の狩猟とか遊覧の場でもあった
ようです。
西行の時代には大徳寺はありませんでした。しかしこの大徳寺が
できる前に同じ土地に雲林院があって雲林院はまた紫野院とも
呼ばれていました。
この紫野雲林院あたりでの朝廷の狩猟や遊覧の記録が残って
います。現在の紫野は京都の北部の繁華街となっています。

○かたまほりにて

「かたまほり」は古語辞典にもありませんので、誤写だと思い
ます。新潮版では「片祭」となっています。
斎王がいませんので、したがって「祭りの帰さ」を執り行うこと
ができず、そのために「片祭り」になってしまうということです。

○かけぬ葵

賀茂祭は葵祭ともいいます。斎院御所や行列の人々や牛車は
葵の葉で飾り付けるのですが、斎王がいないときは飾り付け
しなかったようです。

(03番歌と詞書の解釈)

「斎館のある紫野とはいえ、斎院はおいでにならず、紫の色も
ない紫野の野辺とでもいうべきだろうか、祭の帰途の行列もなく、
葵のかづらをかけることもないことを思うと。」
              (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      花の歌どもよみけるに

04 とき花や人よりさきにたづぬると吉野にゆきて山まつりせむ
         (岩波文庫山家集249P聞書集178番・夫木抄)

○花の歌ども

聞書集にある吉野山の桜を詠んだ10首連作を指します。

○とき花

和歌文学大系21では「疾き花」としています。普通の桜よりも早く
咲く花を指していると解釈しています。

○吉野

大和の国(奈良県)の歌枕で、桜で有名な吉野山のこと。西行には
吉野山の桜の歌がたくさんあります。

○山まつり

猟師や樵などの山に関係する職業の人々が、年が明けて初めての
山入りに際して山の神を祀り、安全や息災を祈願する行事のこと。

(04番歌の解釈)

「早咲きの花を人より先に尋ねると思って、吉野に行って
山祭りをしよう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ まつり・まつる・奉る(01) ◆

【まつり・まつる・奉る】

「奉(たてまつ)る」こと。自動詞、他動詞ともにラ行四段活用。

「差し上げる、与える」などの謙譲語で、その動作の及ぶ範囲内の
相手を敬って言う場合に使われます。
人物だけでなく神や仏、故人などに対しても用いられます。

また、相手の食べる・飲む・見る・着るなどの動作に対しても用いる
言葉です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     遠
続き>

前号|次号|最新
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ