まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第350号(170610)
2017/06/10
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・350(不定期発行)
                   2017年06月10日号

************************************************************

         今号のことば    

       1 まつり・まつる・奉る(02)
        2 まだ・・・(01)

************************************************************

       ◆ まつり・まつる・奉る(02) ◆

【まつり・まつる・奉る】

「奉(たてまつ)る」こと。自動詞、他動詞ともにラ行四段活用。

「差し上げる、与える」などの謙譲語で、その動作の及ぶ範囲内の
相手を敬って言う場合に使われます。
人物だけでなく神や仏、故人などに対しても用いられます。

また、相手の食べる・飲む・見る・着るなどの動作に対しても用いる
言葉です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     そのかみこころざしつかうまつりけるならひに、世を
     のがれて後も、賀茂に参りける、年たかくなりて四国の
     かた修行しけるに、又帰りまゐらぬこともやとて、
     仁和二年十月十日の夜まゐりて幤まゐらせけり。内へも
     まゐらぬことなれば、たなうの社にとりつぎてまゐらせ
     給へとて、こころざしけるに、木間の月ほのぼのと
     常よりも神さび、あはれにおぼえてよみける

04 かしこまるしでに涙のかかるかな又いつかはとおもふ心に
           (岩波文庫山家集198P雑歌・新潮1095番・ 
         西行上人集・山家心中集・玉葉集・万代集・
          閑月集・拾遺風体集・夫木抄・西行物語) 

○そのかみ

まだ出家していない頃。在俗の頃。

○こころざしつかうまつりけるならひ

幣を奉ることです。
まだ僧侶にはなっていなかったので、何度も加茂社に行く機会が
あって奉幣したものと思います。
当時、加茂社は京都で一番の神社であり葵祭も勅祭でしたから、
徳大寺家の随身としても、また鳥羽院の北面としても加茂社に
参詣する機会は多かったものと思います。
出家後は、僧侶は普通は神域に入ることはできませんでした。
出家してからは「幤まゐらせ」てはいなかったということ。

○帰りまゐらぬことも

ある程度の長い旅になりますから、再び都に帰ってこれるかどうか
という不安もあったということを表しています。

この詞書によって四国旅行に出発した時の西行の年齢が分かります。
旅立ちに際して上賀茂社に参詣したのですが、「又帰りまゐらぬ
こともやとて」とあるように、自分で再び帰ることのできない
大変な旅になるかも知れないという覚悟があったことがわかります。

○仁和二年

仁和二年とは886年です。西行は出生していない年ですから誤りです。
誤写でしょう。ここは仁安です。仁安ニ年は1167年、西行50歳の頃。
西行法師歌集では仁安三年とあります。

○たなうの社

上賀茂神社の末社の棚尾社のこと。

「たなうの社」は現在は楼門の中の本殿の前にあるのですが、詞書
から類推すると西行の時代は本殿と棚尾社は離れていたのかもしれ
ません。僧侶の身では本殿の神前までは入られないから、幣を
神前に奉納してくれるように、棚尾社に取り次いでもらったと
いうことです。
現在は小さな祠状のものですが、西行時代の「たなうの社」は僧侶が
常駐できるほどの社だったものでしょう。

○幣

へい・ぬさ=緑の葉のある榊に白地の布や紙を垂らしたもの。

○しで

四手=注連縄や玉ぐしにつける白地の紙。昔は白布も用いました。

(04番歌の解釈)

「かしこまり謹んで奉る幣に涙がかかるよ。四国行脚へ出かける
自分はいつまたお参りできることか、もしかしたら出来ないの
ではと思うと。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     美福門院の御骨、高野の菩提心院へわたされけるを
     見たてまつりて

05 今日や君おほふ五つの雲はれて心の月をみがき出づらむ
    (岩波文庫山家集201P哀傷歌・新潮欠番・西行上人集)


○美福門院

1117年から1160年在世。11月23日没。44歳。藤原長実の娘、
得子のこと。
鳥羽天皇の女御。八条院ワ子内親王や近衛天皇の母。二条天皇の
准母。1141年12月皇后、1149年8月院号宣下。
美福門院の遺言により、1160年12月4日(2日とも)に遺骨は高野
山の菩提心院(蓮台院とも。窪田章一郎氏「西行の研究」)に
納められました。この遺骨の移送に、藤原成道や藤原隆信も供奉
したとのことです。西行は高野山で、美福門院の遺骨を迎えたこと
になります。この日、高野山は大雪に見舞われていたそうです。
鳥羽の安楽寿院の近衛天皇陵は、もともとは美福門院陵として
造営がなされました。1155年に崩御した近衛天皇は船岡山の東に
あった知足院に葬られていましたが、1163年に現在地に改葬され
ました。

○菩提心院

高野山にあった寺院ですが現在はありません。

○見たてまつりて

この言葉によって美福門院の遺骨が高野山に葬られ、西行もその場に
いたことが分かります。
1160年のこの時、藤原成通と藤原隆信は美福門院の遺骨を高野山に
持って行って納めています。

○君

死亡している美福門院への呼びかけ。

○五つの雲

(五つの障)(五つの某)と同義。五障のこと。

「五障」

1 女性が持たされている五つの障礙(しょうげ)のこと。
 帝釈天、梵天王、魔王、転輪聖王、仏身となりえぬこと。

2 修道上の五つの障りのこと。
 煩悩、業、生、法、所知の五つの障礙。

3 五善根の障礙となるもの。
 欺、恨、怨、怠、瞋(いからす・いかる)の五つの障礙。
                 (広辞苑第二版を参考)

今の時代であれば明らかな女性蔑視と言われそうです。仏教の包摂
する頑迷固陋さを思わせますが、当時はこういうことが疑いも無い
真実として受け入れられていたものでしょう。

○心の月
 
仏教の信仰上のことで、比喩的に心の中にあるとする架空の月を
言います。仏教でいう悟りの境地を指すための比喩表現です。

(05番歌の解釈)

「女人の五障の雲が晴れて、菩提を得られるだろうというのが
歌意であるが、型にはまったもので、儀礼の域を出ない。」
          (窪田章一郎氏著「西行の研究」から抜粋)

「今日女院は五障の雲も晴れて、お心のうちに宿していられた月
(仏性)を輝き出させるのであろうか。」
                 (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     さて扉ひらくはざまより、けはしきほのほあらく出でて、
     罪人の身にあたる音のおびただしさ、申しあらはすべく
     もなし。炎にまくられて、罪人地獄へ入りぬ。扉たてて
     つよく固めつ。獄卒うちうなだれて帰るけしき、あらき
     みめには似ずあはれなり。悲しきかなや、いつ出づべし
     ともなくて苦をうけむことは。ただ、地獄菩薩をたのみ
     たてまつるべきなり。その御あはれみのみこそ、曉ごと
     にほむらの中にわけ入りて、悲しみをばとぶらうたまふ
     なれ。地獄菩薩とは地藏の御名なり

06 ほのほわけてとふあはれみの嬉しさをおもひしらるる心ともがな 
             (岩波文庫山家集254P聞書集220番)

○対ひて

「対ひて」は「対して」のことです。相対することです。
和歌文学大系21では「対ひて」は「むかひて」と読ませています。

○爪弾きを

指鳴らしのことです。親指の腹に中指をあてて強く弾けば大きな
音がします。不平不満や非難を表しているそうです。

○あらき目

獄卒自体は容貌怪異なのかどうか分かりませんが、地獄の役人で
あり、(鬼)とも解釈される以上は、もとから荒く猛々しい目を
しているのかもしれません。

○たのみたてまつるべき

ただひたすらに地蔵菩薩を崇め、頼みとすべきこと。

○地獄

仏教用語です。輪廻転生の一つで前世での悪業のために落ちる
地底の苦しみの世界だと言われます。
こういう架空の世界を生み出し人々に押し付けることは、仏教思想
の持つ犯罪性の一つだと私は思います。

○地獄菩薩

地蔵菩薩は日本では観世音菩薩や阿弥陀仏とともに親しまれている
菩薩だといえます。
釈迦が入寂してから弥勒菩薩が現れる56億7千万年後までの期間に
渡って、全ての人々の悩みや苦しみを救う菩薩だと言われます。
仏教の六道とは地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六世界を
言いますが、この全てに地蔵菩薩は関わっています。
    (松濤弘道氏著「仏像の見方がわかる小辞典」を参考)

(06番歌の解釈)

「暁ごとに地獄の炎を分けて罪人を見舞う地蔵菩薩の憐れみの
嬉しさを、おのずと思い知られる心であったらなあ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     新院百首の歌召しけるに、奉るとて、右大将きんよしの
     もとより見せに遣したりける

07 家の風吹きつたへけるかひありてちることの葉のめづらしきかな
 (西行歌)(岩波文庫山家集179P雑歌・新潮933番・西行上人集)

この歌の後に藤原公能歌があります。

 家の風吹きつたふとも和歌の浦にかひあることの葉にてこそしれ
  
続き>

前号|次号|最新
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ