まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第355号(171009)
2017/10/09
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・355(不定期発行)
                   2017年10月09日号

************************************************************

         今号のことば    

         1 御影 02
         2 三笠
         3 みかさ
         4 みかさねの瀧

************************************************************ 

       ◆ 御影 02 ◆

【御影】

人に対しての場合は「面影」を敬って言う言葉です。
神などに対しての場合は、その成り立ちや、神徳や神意というものに
ついて言っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 世の中をあめのみかげのうちになせあらしほあみて八百合の神
        (岩波文庫山家集261P聞書集262番・夫木抄)

○あめのみかげ

「あめ」は天(あま)の転化した読み方。
「天のみかげ」は、下に紹介する「日のみかげ」とともに、対を
なしていて大祓えの祝詞の中にもある用語です。
「御蔭」の漢字をあてています。
歌では伊勢神宮内宮に祀られている「天照大神」を指して「天の御陰」
というものなのでしようが、伊勢神宮は天皇家のものでもあり、
同時に天皇家をも指して「天のみかげ」と言っているはずです。

○天のみかげ

天皇のいます宮殿をさす。
        (渡部保氏著「西行山家集全注解」から抜粋)

○あらしほあみて

大祓えの祝詞からそのまま引用した言葉です。
「荒塩の塩の八百道の、八塩道の八百会に坐す速開つひめといふ
神」とあります。「荒塩浴みて」は潮流の荒さ、ひいては当時の
世の中の乱れをも指しているはずですが、それが「天のみかげ」
によって平穏になるようにという祈りにも似た期待があって、
こういう歌を詠んだものでしよう。
 
○八百合の神(やおあいのかみ)

八百の潮流の集まる所に坐す神ということであり、これは世の中
を平穏にするために、罪をはらい流すための中立ちをする神と
いうことのようです。

(04番歌の解釈)

「罪をはらい流し、世の中を、天下をおおう神宮のご威光の内に
変えよ、荒々しい潮の流れを浴びて潮路の集まりにいます神よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

05 神人が燎火すすむるみかげにはまさきのかづらくりかへせとや
            (岩波文庫山家集279P補遺・夫木抄) 

○神人

神に仕える人。神社の神官。祭主、禰宜、神主などのことです。
この歌の場合は、神楽を奏する人も言うようです。神官が神楽舞を
演じていたとも解釈できます。

○燎火(にわび)

神楽を奏する場所を浄化し、明かるくするための焚き火のこと。

○みかげ

「御影」という言葉は天皇を敬って言う場合もあります。
この歌にある「みかげ」は単純な「光と影」の「影」ではなくて、
もっと別の深遠な意味が込められているような感じがします。

○まさきのかづら

どの植物なのか特定されていません。いずれにしても蔓性植物ですが、
そのうちの「テイカカズラ」や「マサキツル」などが可能性のある
植物として考えられています。
個々の植物名ではなくて蔓性植物の総称とも考えられます。

尚、テイカカズラは藤原定家と式子内親王の絡みで名付けられた
植物名であり、西行の在世時代にはこの植物名は当然にありません。

○くりかへせとや

「深山には霰降るらし外山なる正木の葛色づきにけり色づきにけり」
という神楽歌の最後の部分「色づきにけり」の繰り返しを言っている
ものでしょう。

(05番歌の解釈)

「神主が庭火を盛んに焚いている神のみかげは、まさきのかづら
をくるようにくりかえせというのであろうか。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

06 筆の山にかきのぼりても見つるかな苔の下なる岩のけしきを

     善通寺の大師の御影には、そばにさしあげて、大師の御師
     かき具せられたりき。大師の御手などもおはしましき。
     四の門の額少々われて、大方はたがはずして侍りき。
     すゑにこそ、いかゞなりけんずらんと、おぼつかなく
     おぼえ侍りしか
          (岩波文庫山家集114P羈旅歌・新潮1371番)
 
○筆の山

香川県善通寺市には「五岳山」と言われている山があります。
我拝師山(481M)、中山(440M)、火上山(409M)、筆山(296M)、香色山
(153M)の五山を指します。
現在では我拝師山と筆山は別の山としてありますが、西行時代は
筆山は我拝師山や中山と一続きの山として見られていたものでしょう。

○かきつき登り

「掻き付き登り」。しがみつくように、よろぼうように登ると
いう様を言います。筆の山の(筆)と(かき)は縁語です。

○善通寺

香川県善通寺市にある善通寺のことです。弘法大師空海は
善通寺市の出生です。
善通寺は空海が出生地に建立したお寺で、父親の法名をつけて
「善通寺」としたものです。
高野山、京都の東寺と並んで真言宗の三大聖地です。

○大師の御師

弘法大師空海の師、仏教創始者のシャカ(仏陀)のことです。

○四の門の額

東西南北の四方に山門があったということです。大師自筆の
「善通之寺」という額があったようです。
この額は現存していません。

○長き眠り

俗界の塵にまみれたまま仏教的に少しの悟りも得ない状態で無明の
闇の中に住み続けていること。俗界の迷い多い世界から仏教的に
覚醒しないこと。
俗世にいることを自省的に、あるいは批判的にいう言葉。

(06番歌の解釈)

「我拝師山に登る。筆の山というだけあって、かきつくように
して登ってみると、そこには大塔の礎石が苔の下に埋まっていた。
その大きさは大師の慈悲の大きさを語るようだった。」
              (和歌文学大系21から抜粋)
      
************************************************************ 

       ◆ 三笠 ◆

【三笠】

大和国の歌枕の一つで三笠山のこと。奈良市東方にある山の名称。
「山」を省略した言い方。

三笠山の歌は西行に4首あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 三笠山月さしのぼるかげさえて鹿なきそむる春日野のはら
         (岩波文庫山家集275P補遺・西行上人集)

○春日野の原

大和国の歌枕。
奈良市市街地の東方の春日山及びその麓一帯の呼称です。
春日山の北前方に「若草山」があります。若草山はかつては
「三笠山」と呼ばれていました。春日山も「御蓋山=みかさやま」
という別称がありますから、混乱します。
阿倍仲麻呂の古今集406番歌(百人一首第七番歌)

「あまの原ふりさけみれば 春日なるみかさの山にいでし月かも」

の「みかさの山」は、春日山のことです。
西行歌の「三笠山」も春日山のことと解釈できます。
なお、有名な春日大社は春日野にあり、藤原氏の氏社です。

(01番歌の解釈)

「三笠山にさし昇る月の光が冴えて、鹿が鳴き始めた
春日野の原よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 光さす三笠の山の朝日こそげに萬代のためしなりけれ
         (岩波文庫山家集142P賀歌・新潮1178番・
            西行上人集・山家心中集・夫木抄) 

○げに

(げに=実に)のことで、前の言葉である「朝日」を肯定します。
「本当に・まことに・なるほど・実に」の意味を持ちます。

○ためし

先例・前例という意味のほかに「手本」という意味もあります。

(02番歌の解釈)

「三笠山から光の射し込む神々しい朝日こそが、なるほど
太陽神の子孫にふさわしく、今上天皇の御代が永遠に続く
ことの先例でありましょう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      春日にまゐりたりけるに、常よりも
      月あかくあはれなりければ

03 ふりさけし人の心ぞ知られける今宵三笠の山をながめて
          (岩波文庫山家集76P秋歌・新潮407番・
          西行上人集・山家心中集・御裳濯河歌合)
 
○春日

「春日野」と同義。前述の「春日野の原」参照。

○ふりさけし人の心

(ふりさけし)は(振り放けし)という字を当て、(遠く大空を
見ている)(顔を上げて遠い彼方を仰ぎ見る)というほどの意味
となります。(ふり)は接頭語。(さけ)は、対象を遠く放すと
いう意味を持つ(放け=さけ)の連用形。
(人の心)とあることによって、阿倍仲麻呂を偲んでの歌である
ことがわかります。

○三笠山

ここでは春日山のことですが、それほど厳密に考えなくても
よいと思います。

○世をのがれて

出家したということ。西行出家は1140年10月15日とみられています。

(03番歌の解釈)

「遠く中国から三笠山に出る都の月を思いやった仲麻呂の心が
よくわかる。今夜の三笠山の月をずっと見ていると。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

続き>

前号
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ