まぐまぐ!
バックナンバー

西行辞典

件名: 西行辞典 第359号(171217)
2017/12/17
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・359(不定期発行)
                   2017年12月17日号

************************************************************

         今号のことば    

         1 みたけ・御嶽 02
         2 みたらし
         3 道芝の露
         4 みちのくに・陸奥国 01

      通親の宰相→第221号「勅・勅使」参照

************************************************************

       ◆ みたけ・御嶽 02 ◆

【みたけ・御嶽】

奈良県から三重県に渡る大峰奥駆道にあり、大峰修験道の聖地で
ある山上が岳を指します。山上が岳自体は奈良県吉野郡天川村に
あります。
吉野山から山上が岳に続く連峰を総称して「金峯山=きんぶせん」と
言い、別称として「金の御岳」とも言うようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      宮の法印高野にこもらせ給ひて、おぼろけにては
      出でじと思ふに、修行せまほしきよし、語らせ給ひ
      けり。千日果てて御嶽にまゐらせ給ひて、いひ
      つかはしける

02 あくがれし心を道のしるべにて雲にともなふ身とぞ成りぬる
    (宮法印歌)(岩波文庫山家集135P羈旅歌・新潮1084番) 

(西行の返し歌)

03 山の端に月すむまじと知られにき心の空になると見しより
     (西行歌)(岩波文庫山家集135P羈旅歌・新潮1085番) 

○宮の法印

宮の法印とは元性法印のこと。崇徳天皇第二皇子のため、「宮」を
つけて呼びます。1151年出生、1184年の没。母は源師経の娘。
兄に重仁親王がいますが1162年に病没しました。

初めは仁和寺で叔父の覚性法親王の元で修行、1169年以降に高野山
に入ったそうです。
崇徳天皇の関係で西行とは親しかったともいえます。

○法印
         
「法印」とは僧侶の僧位最高の位階を表し、法印大和尚を略して
法印と言います。僧位では法橋、法眼、法印があり、僧官では律師、
僧都、僧正があります。

山家集に出てくる「法印」は「宮の法印」のみです。崇徳天皇の
皇子としての特例による法印位でしょう。

○高野

真言密教の聖地である高野山のこと。

○おぼろけにては出でじ

修行の成果が自分ではっきりと確認できる、自分で納得できる
までは高野山から下山しないということ。

○千日果てて御嶽にまゐらせ

金峯山修行の前に行う精進潔斎を「御嶽精進」というそうです。
当時は普通で50日から100日間の精進期間だったようです。
宮の法印の場合は千日、約3年間の精進潔斎を果たしたという
ことになります。その後に大峰修行に出発することになります。

○雲にともなふ

高野山を出てから、大峰修行の地における宮の宝印の歌のフレーズ。
行雲流水のように、ごくごく自然な心境を表しています。

○山の端に月すむまじ

宮の法印を月に見立てていて、山の端という一か所だけに月は留ど
まらないということ。高野山よりは深い山である大峰に入り修行する
という、その仏教心と覚悟を持っていることを称える言葉。

○心の空

心の中にある空のこと。
同じ仏教者として修業を極めて行き、大きな広がりと深さを持った
空のように、仏教の真髄にまで到達するという意思や願望。

(02番歌の解釈)

「金峯山への憧れを道しるべにして、大峯山中を雲とともに
さまよい歩く修行の日々を送っています。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

(03番歌の解釈)

「山の端に澄んだ月がとどまっていないように、中途半端な状態で
高野にお過ごしになる法印様ではないとよく存じておりました。
心も空に仏道修行を志しておいでになるのを見申し上げました
時から。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

       ◆ みたらし ◆

【みたらし】

(みたらし)は「御手洗」と表記して、普通名詞としては神社の側を
流れていて、参拝者が神社の神域に入る前に身を浄める川です。
また、手や口を浄めるために設置されている設備も「御手洗」と
言います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     ふけ行くままに、みたらしのおと神さびてきこえければ

01 みたらしの流はいつもかはらぬを末にしなればあさましの世や
          (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮1222番)

○みたらしのおと

この歌では前歌の詞書によって、京都の上賀茂神社の御手洗川と
特定できます。
(みたらしのおと)で上賀茂神社の御手洗川の流れの水音をいいます。

○神さびて

長い歴史があって、大変厳かであること。敬虔さを感じさせる
ような雰囲気のこと。
「神さび」は他に歌に2例、詞書に1例あります。

01 ときはなる松の緑も神さびて紅葉ぞ秋はあけの玉垣
          (岩波文庫山家集130P羈旅歌・新潮482番)

02 かずかくる波にしづ枝の色染めて神さびまさる住の江の松
          (岩波文庫山家集142P賀歌・新潮1180番)

03    そのかみこころざしつかうまつりけるならひに、世を
     のがれて後も、賀茂に参りける、年たかくなりて四国の
     かた修行しけるに、又帰りまゐらぬこともやとて、
     仁和二年十月十日の夜まゐりて幤まゐらせけり。内へも
     まゐらぬことなれば、たなうの社にとりつぎてまゐらせ
     給へとて、こころざしけるに、木間の月ほのぼのと
     常よりも神さび、あはれにおぼえてよみける
           (岩波文庫山家集198P雑歌・新潮1095番・ 
         西行上人集・山家心中集・玉葉集・万代集・
          閑月集・拾遺風体集・夫木抄・西行物語) 

○末にしなれば

仏教でいう「末法」と御手洗川の下流ということを掛けています。

釈迦入滅後、正法、像法と続いてから末法の時代になり、仏教は
すたれ信仰する人、悟りを得る人はいない時代だと言われています。
日本では藤原頼通が関白の頃の1052年から末法の時代に入ったと
言われています。
末法の時代は長く続き、釈迦入滅後57億6千万年の後に弥勒菩薩が
出現して衆生を救うとされています。
藤原頼通も末法を強く意識していました。藤原頼通の宇治平等院は
浄土思想に基づいて建立されています。

○あさましの世や

呆れるほどに情けない時代のこと。礼節は軽くなり、いやしく、
さもしさの強い世の中のこと。

(01番歌の解釈) 

「上賀茂神域を流れる御手洗川は太古より少しも変わって
いないが、一歩境内を出ると下流は流れが浅くなるように、
末代になってしまったので人の心も浅くなり、呆れ返る
ようなことが現実に行われる世の中になったのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 みたらしにわかなすすぎて宮人のま手にささげてみと開くめる
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1525番)

○わかなすすぎて

この場合は正月七日の七草の日のために摘んだ若菜のことでしょう。

○宮人

賀茂社に仕える人のこと。

○ま手

左右の手のこと。両手を言います。「真手」と表記します。

○みと

「御戸・御扉」のことです。

○開くめる

「める」は推量の助動詞「めり」の連体形。「めり」は実際に目で
見た、あるいは見えたようなことを表す助動詞なので、西行は実際に
その場を目撃したこともあるものと思います。

(02番歌の解釈)

「正月七日には賀茂神社境内の御手洗川で若菜を洗い清め、神官
が両手に捧げて本殿の御扉を開いて供えるように見えた。」
              (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

       ◆ 道芝の露 ◆

【道芝の露】

道端に生えている葉の細い雑草のこと。平安時代はイネ科の芝の
事ではなくて、葉の細い雑草の総称として用いられたものでしょう。
その雑草に付く露のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 あふことをしのばざりせば道芝の露よりさきにおきてこましや
           (岩波文庫山家集144P恋・新潮585番)

○あふことをしのばざりせば

現在で言う不倫の関係とも思わせます。その時点では公認され
そうもない関係を言うものでしょう。
この言葉は当時の男女のありようを言い、男性が女性の家に夜に
通って、翌朝早くに後朝の別れをするという風習でした。

○露よりさき

「さき」は時間的な概念を表します。露が草の葉に付くよりも早くに、
という意味です。

○おきてこましや

「起きて来ましや」で、「おきて」は自身が起床してということと、
露が置いて、ということを掛け合わせていますが、おもしろい掛詞
ではないように思います。

(01番歌の解釈)

「人目を忍ぶ恋でなかったら、このように、道端の草に置く
露よりも早く起きて、帰りの家路を急ごうか、もっとゆっくり
逢う瀬を楽しもうものを。」
           
続き>

前号|次号|最新
バックナンバー一覧

s登録する
解除する

利用規約
ヘルプ
メルマガ検索
マイページトップ
まぐまぐ!トップ